[PR]

 北村誠吾地方創生相(72)は11日夜の首相官邸での就任記者会見で担当分野の政策を問われ、「これから勉強させていただきたい」と述べるなど、答えに窮する場面が相次いだ。

 北村氏は地方創生、規制改革と「まち・ひと・しごと創生」を所管する。国家戦略特区制度を使って最先端都市の形成を目指す政府の「スーパーシティ構想」についての質問には「これからしっかりと勉強させていただき、事務方の説明も受けながら大臣として責任あるお答えができるように勉強していく」と発言。年末までに政府が策定する予定の新たな「まち・ひと・しごと創生総合戦略」では「まだ前任の大臣から引き継ぎを受けておらず、しっかりと引き継ぎをして間違いのないように取り組んでいきたい」と述べるにとどめた。

 北村氏は衆院長崎4区選出で当選7回。岸田派。党総務副会長や党副幹事長を歴任し、11日の内閣改造で、初入閣した。