[PR]

 あなたのキャッシュカードが不正に使われています――。そんな電話が掛かってきたらご用心。自宅を訪ねてきた詐欺グループの一員にカードを持ち去られる被害が、宮城県内でも急増している。警察官を装った男にカードをすり替えられ、預金を引き出される被害があったとして、県警がその手口を明らかにした。

 7月23日午前11時ごろ、茨城県守谷市の男性(77)の自宅の電話が鳴り響いた。

 「あなたのキャッシュカードが不正に使われ、すでに40万円が引き落とされている」

 男はそう告げると、動転する男性に、こう続けた。

 「手続きをすれば被害を補償できる。これから警察官がお宅にうかがう」

 1時間後、玄関のチャイムが鳴った。立っていたのは白シャツに黒っぽいズボンの男。男は私服警官を装い、首から提げた「職員証」を見せた。そこには「警視庁」の文字と桜のマーク、名前と顔写真が入っていた。

 男は「手続きが済むまで保管を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら