【動画】東京メトロの路線に設置された防水ゲートや愛知県飛島村の日光川水閘門=東京メトロ提供、松尾一郎、佐々木崇暢撮影
[PR]

 地球温暖化が進むと、台風の勢力が増したり、豪雨や洪水が増えたりする可能性が専門家から指摘されている。海面上昇のリスクもある。その被害を避けたり影響を減らしたりする「適応」は、温室効果ガスの排出削減とともに、温暖化対策の両輪とされる。事業を続けるためにも企業などは対応を迫られている。

 昨年12月に気候変動適応法が施行された。温暖化の影響はすでに出ており、長期的に拡大の恐れがあるとして、その被害を防止・軽減するために出来た。温暖化対策の国際ルール「パリ協定」も締結国の政策の立案、強化をうたっており、この趣旨に沿ったものだ。この法律では、国の防災や農林水産業対策、熱中症予防などの計画に従い、自治体は地域に、企業は事業内容に即した適応策に努めるとしている。

 原料確保などが気象に左右され…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら