[PR]

 京都大iPS細胞研究所は12日、ディオールブランドの化粧品の研究・開発をするLVMHグループの研究所と、共同研究を始めたと発表した。様々な細胞になれるiPS細胞を使って、肌の老化メカニズムなどについて調べる。

 LVMHグループは、ルイ・ヴィトンやクリスチャン・ディオールなどを傘下に持つ。同グループの研究所では、肌の細胞が紫外線でダメージを受ける仕組みなどを調べている。

 今回の共同研究では、iPS研がもつ健康な人由来のiPS細胞から肌の細胞をつくり、酸化ストレスの影響などを調べる。研究の詳細や費用などは非開示としている。

 iPS研が海外の化粧品ブランドと組むのは初めて。(野中良祐