[PR]

 「スマスイ」が日本で2番目の規模をもつ水族館に生まれ変わります――。神戸市は12日、須磨海浜水族園・海浜公園(須磨区)の再整備事業の骨格となるリニューアル案を公表した。公募で民間事業者から寄せられた計画案の中から市の選定委員会が選んだ構想で、2024年春までの新装オープンをめざす。

 市の公表した計画案は、建物の老朽化が進む現在の須磨海浜水族園を建て替えて「教育」と「エンターテインメント」を融合させた新たな水族館とし、隣接する海浜公園を含めた一帯を幅広い世代が楽しめる場として作り替えることが柱。

 新たな水族園の総水量は約1万5千トンとなり、規模は現在の4倍に。総水量ベースでみた規模は名古屋港水族館(名古屋市)に次ぐ全国2番目となる計画だ。延べ床面積は約2万2千平方メートルとなる予定という。

 鯨類の繁殖を担う「神戸保全繁…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら