[PR]

 航空自衛隊小牧基地(愛知県小牧市)で2017年にあった航空祭で空自の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」が国土交通相の許可を得ずに曲技飛行をしたなどとして、地元住民らが航空法違反容疑で告発していた問題で、名古屋地検は12日、当時の小牧基地司令らを不起訴処分にした。

 住民側は飛行を撮影した動画映像を基に、国交相の許可を得ずに、機体の姿勢を急激に変化させる曲技飛行や超低空飛行をしたと主張していた。住民側の弁護士は取材に「曲技飛行は嫌疑不十分、超低空飛行は罪とならないと検事から説明を受けた」と話している。