拡大する写真・図版 約15万人が参加したパレード=2019年6月30日、米ニューヨーク、藤原学思撮影

[PR]

 6月、米ニューヨークのマンションの一室で、彼は鏡の前に座っていた。つけまつげを4枚重ね、唇は青や水色で彩った。ウィッグは5色のものを選んだ。

 3時間かけた女装には自信があった。ドラァグクイーンと呼ばれる、あこがれの装い。でも、この姿で出かけるのは初めてだった。マンションの扉をそっと開けた。

 ずっと、人目を気にして生きてきた。

 小学生のころ。同級生の男子を目で追っているじぶんに気づいた。笑うときに口を手で隠すしぐさを「キモい」とからかわれた。

 好きな女子だれ? 中学時代はそんな質問に、生きた心地がしなかった。適当に相づちを打ってごまかした。

 高校生になり、彼女をつくった。キスもした。でも、違和感をぬぐえなかった。初めて手にした携帯電話で「ゲイ」と検索した。

 同性でも結婚できる国があると…

この記事は有料会員記事です。残り737文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り737文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り737文字有料会員になると続きをお読みいただけます。