[PR]

 親会社のヤフーと対立し、創業者の岩田彰一郎・前社長と独立社外取締役3人が解任されたオフィス用品大手アスクルは12日、暫定の指名・報酬委員会を設置したと発表した。本来は独立社外取締役らでつくるが、欠員となっているため顧問弁護士らで構成した。ガバナンス(企業統治)を強化するため、独立社外取締役の選任を急ぐためといい、年明けにも臨時株主総会を開く方針を示した。

 8月の定時株主総会では、岩田氏や独立社外取締役3人の再任を諮るアスクルの提案に対し、親会社のIT大手ヤフーと大株主の文具大手プラスが反対。4氏の再任は否決され、退任した。

 この日決算会見に臨んだ吉岡晃…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら