[PR]

 政務活動費をだまし取ったとして詐欺罪に問われた元富山市議3人に対する判決が17日、富山地裁であった。大村泰平裁判長は、中川勇被告(72)、市田龍一被告(64)、谷口寿一被告(56)にいずれも懲役1年6カ月執行猶予4年(いずれも求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。

 判決によると、3人は2012年4月~16年4月、所属していた自民会派の事務員に虚偽の領収書を作成させるなどして、中川被告が計約522万円、市田被告が計約510万円、谷口被告が計約469万円の政務調査費・政務活動費をだまし取った。

 富山市議会では16年から政活費をめぐる不正が相次いで発覚。16~17年に辞職した市議14人のうち、この3人が在宅起訴された。ほかに、現職市議1人が同罪で公判中。