[PR]

 14日に開幕するバレーボールのワールドカップ(W杯)女子日本代表15人に、19歳のアタッカー石川真佑(東レ)が初めて選ばれた。兄は23歳で男子日本代表のエース石川祐希(イタリア・パドバ)。「W杯で終わりじゃない」と真佑。東京五輪出場を果たすためにも大事な舞台になる。

 「小粒でもピリッと辛いプレーが持ち味」と中田久美監督は評す。

 真佑は東京・下北沢成徳高を今春卒業した。身長171センチはトップ選手の中では長身とはいえないが、高いブロック相手に器用に打ち分ける。7月のU20(20歳以下)世界選手権と、8月のアジア選手権の優勝に貢献し、いずれも最優秀選手に選ばれた。

 その活躍ぶりに中田監督は「何…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら