[PR]

 韓流が日本に定着して約15年。映画・ドラマ、K―POPと続いたその波がいま文学に来ている。日本で14万部となる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』をはじめ、多様な韓国文学が続々と邦訳され、人気だ。その多くが30~40代女性作家たちの作品だ。日韓関係が冷え込んでいるときだからこそ、本を静かに読むというのも悪くない。

京都のトークイベントに東京や九州から

 韓国の女性が日常で経験する差別を淡々と描き、昨年12月に発刊された日本語版もベストセラーになった小説『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)。著者のチョ・ナムジュさん(41)が8月31日に来日、翻訳者の斎藤真理子さんと京都の同志社大学でトークイベントを行った。

 日韓関係が冷え込もうとも、東…

この記事は有料会員記事です。残り1932文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1932文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1932文字有料会員になると続きをお読みいただけます。