[PR]

 がんの予防や検診を呼びかける「がん征圧全国大会」(日本対がん協会、愛媛県総合保健協会主催、朝日新聞社特別後援)が13日、松山市で開かれ、約1100人が参加した。作家・作詩家のなかにし礼さんが記念講演し、食道がんを患った自らの経験をもとに「がんは自己対話の時間が長い。自分を再発見し、成長することができる。がんを経験し、自分は大きくなったと思う」と語った。

 大会では、朝日がん大賞が「国立がん研究センターがん対策情報センター」に、日本対がん協会賞が4人と1団体に贈られた。