[PR]

 「いつもぼやき続けています」と話すのは、首都圏に住む母親2人。いずれも息子が、通っている小学校の校庭を拠点とする地域のサッカークラブに入っている。

 監督が子どもたちを校庭に響き渡る声でののしるそうだ。「バカ」「アホ」は当たり前。「帰れ!」と自分のボールを校外に蹴り出された子が本当に帰ったことがある。

 スポーツ界の反暴力の流れの中、数年前から身体への暴力はなくなったが、物は投げる、いすは蹴って壊す。「指示が具体的でないので、子どもが何で怒られているのか理解できず、ただ顔色をうかがっています」。ある子は登校もできなくなった。「練習に行きたくないが、『学校に行けるのに、なぜ』と言われるのが嫌」という理由だった。

 試合で得点を決めても、「あんなの打てば入るシュート。喜ぶな」と水を差される。ことあるごとに、ひどく怒鳴られて泣いている我が子をみるのはつらい。

 解決策の一つは移籍だが、そう…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら