[PR]

 オーストラリアのシンボル的存在のコアラが、意外な病気に苦しんでいる。人間もかかる性感染症のクラミジアだ。コアラの場合は命にかかわる。同国に生息する動物のなかでカンガルーと並ぶ人気を誇る、愛くるしい森のアイドルを守ろうと、人々の努力が続く。(ポートマッコリー〈豪南東部〉=小暮哲夫)

 シドニーから北東に約400キロのポートマッコリー。世界で唯一のコアラ専門病院の診察台で、野生のメスのコアラが毛布にくるまれていた。目に炎症があり、内陸の山村から車で搬送されてきた。

 「結膜炎で心拍数も低く、かなり体温が下がっている。深刻度を1から10で示すと、9くらい」。シェイン・フラナガン診療部長は厳しい表情だ。コアラの結膜炎は、クラミジアが強く疑われる。このコアラには脱水症状もあり、電解水が与えられていて、泌尿・生殖器や腎臓の病気の可能性もあるという。

 コアラ病院は1973年、主な生息域に近いこの町の商店主の夫婦が創設した。搬送されるのは、年間200~250匹。車にひかれたり、野犬に襲われたりといった例もあるなか、クラミジア感染が全体の5、6割を占める。

国際自然保護連合(IUCN)のリストで「絶滅危惧種」のひとつ、「危急種」に位置づけられているコアラ。救う手立てはあるのでしょうか。

 主に性交で感染するコアラのクラミジアは、結膜炎を放置すれば失明し、メスが不妊症になることも多く、種の保存に影響する深刻な病気だ。クラミジア科の細菌でも、コアラには、ヒトにうつるものとは違う種類のものが感染する。

 結膜炎は早期発見なら目薬で治…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら