[PR]

 15日に開催されるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)を前に13日、東京都内で開かれた会見では男女40人の出場選手が大会にかける思いを語った。

 2時間5分50秒の日本記録を持つ大迫傑(ナイキ)は「今大会の意気込みを漢字ひと文字で」という質問に対し、ボードに自分の名前と同じ「傑」と書き込んだ。会見後にその意味を問われると「今までで一番いい練習ができ、心身ともに充実している中で傑作を出したい、という思い」と語った。

 レース展開については「あまり決めつけないで準備することが準備。すべての状況に対応して最後に勝てばいいので、そこに向けて力を温存する」とした。これまでの4回のマラソンと違い、自己記録がトップでマークされる存在だが「メディアが言うほど選手は他人を意識していないと思います」とかわした。

 対照的に前日本記録保持者の設…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら