[PR]

 アクセルとブレーキの踏み間違いによる交通事故が頻発していることから、県は17日、踏み間違い防止装置の購入費に補助金を出すと発表した。

 75歳以上の高齢者1人につき1台までで、補助は一律2万2千円。自動車を買う際にオプションでつけても対象になる。今年度は5千台を予定しており、経費1億1300万円を24日開会の県議会定例会に補正予算案として計上する。10月中の受け付け開始を目指す。

 そのほかの補正予算案では、県中央こども家庭センター(明石市)の一時保護所の定員を40人から54人に増やすための改修費として1500万円を計上。

 また、交番が襲われる事件が全国で相次いだため、拠点交番60カ所への防犯カメラ設置に1千万円をつけた。今年度はまず59カ所に設置し、60カ所は来年度の予定だったが前倒しした。(青瀬健)