[PR]

経世彩民 福田直之の目

 中国のIT巨人、アリババ集団を率いたジャック・マー(馬雲)氏が、ついに会長を退いた。

 9月10日夜、杭州のスタジアムであったアリババ創業20周年のイベント。6万人とも言われる社員から歓声を浴びたマー氏は、まるで引退するスター歌手のようだった。そして感極まった様子で、顔を赤らめて語った。

 「今日はジャック・マーの引退ではなく、制度に基づいた会社の継承の始まりだ」

 マー氏は張勇CEO(最高経営責任者)にバトンを渡した。ネット通販の一大イベント「独身の日セール」を始めた人物だ。カリスマ経営は、張氏を中心とした集団指導体制へと移行する。

カリスマのセカンドライフは?

 そこで注目されるのが、マー氏のセカンドライフだ。「会長をやめるのは統制を強める政府への反感から」といった説から、「裏の政商になるのでは」といった見方まで、さまざまな臆測が飛び交う。

経済という言葉の語源「経世済民」には「世をおさめ、民をすくう」という意味があります。原則、毎週火曜朝に配信するコラム「経世彩民」では、記者が日々の取材を経て思うこと、伝えたいことを色とりどりの視点でつづっていきます。

 ただ、本人は10日のイベント…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら