[PR]

 英国の高級車メーカー、ロールス・ロイス・モーター・カーズ。3千万~6千万円と「超」がつくほど高級な車をそろえ、従来の主要顧客は50代だった。ところが最近、世界的に購入者の平均年齢が下がり続けているという。なぜなのか。

 今月14~16日に東京・六本木ヒルズで開かれた展示会。めったにお目にかかれないようなロールス・ロイスが並ぶ中、通行人らを驚かせたのは、「ど派手」なその色だ。SUV(スポーツ用多目的車)「カリナン」(消費税込み3894万5千円~)は紫色、セダン「ファントム」(同5460万円~)は青色の特別色に包まれていた。

 高級車は一般的にハイヤー向け…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら