[PR]

 あおり運転が注目を集め、厳罰化の動きが進んでいる。免許取得後の出張型の講習を行う「愛知ペーパードライバースクール」(愛知県岡崎市)は、あおり運転をされやすい運転かどうかを診断する講習サービスを9月から始めた。普段の取材活動で車移動が多く、あおられたことも少なくない記者(32)が診断を受けた。

 診断を担当したのは、スクールの代表・滝大介さん(40)。14年ほど自動車教習所で指導員を務め、免許取得後の運転講習の機会が限られていると感じて2月に同スクールを立ち上げた。あおり運転が話題となり、この講習サービスを始めたという。

 運転歴が約10年になる記者は、普段から乗っているトヨタの乗用車で講習サービスを受けた。乗車前に「チェックシート」を手渡された。右左折時や進路変更の際のウィンカーの出し方、車間距離など8項目の技量について5段階で自己評価した。記者はほとんどの項目で、習熟度が高いレベルに印をつけた。

 記者が勤務する岡崎支局(岡崎市康生通南)から15キロほど離れた西尾市役所を目指すことに。運転を始めて数分後、滝さんから「ブレーキ(を踏む力)が強い傾向にある」と指摘を受けた。速度にムラがあると後続車をイライラさせる要因になるという。

 コンビニの駐車場に入った際、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら