[PR]

 18歳から週3回の透析を受ける患者として、他の患者に安心できる情報を届けようと、腎臓病の専門サイト「じんラボ」を運営する宿野部(しゅくのべ)武志さん(51)。大学を卒業してからソニーで働いていたが、37歳のとき、「世話になってきた医療に貢献したい」と、父親の反対を押し切って会社をやめた。

 腎臓病の基礎知識をまとめ、患者や家族が意見交換できる情報サイト「じんラボ」を6年前から運営する。無料登録できる会員数は2600人以上。今年はネットを使わない高齢者らのために、医師との会話のコツや透析の必携品などをまとめた冊子も作った。

 埼玉県出身。3歳のころ、慢性腎炎と診断された。中学生になると薬の副作用で顔が腫れ、「醜い顔」といじめられたことも。高校3年の受験勉強中に重い腎不全となり、透析を始めた。

 大学卒業後はソニーに入社した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら