[PR]

 フィギュアスケートのオータム・クラシック第2日は13日(日本時間14日)、カナダ・トロント近郊のオークビルで男子SPがあり、羽生結弦(ANA)が98・38点で首位に立った。演技後の報道陣との主なやりとりは以下の通り。

 ――転倒した4回転サルコーは。

 「(3月の)世界選手権の失敗をちょっと引きずっているかなと思う。気合も入ってたんですけど、考えないとなとは思います」

 ――考えすぎたか。

 「まあ、考えすぎました」

 ――跳んだ瞬間は。

 「もう、なんかサルコー入る前…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら