[PR]

 米セレブや富裕層が名門大学に子どもを不正入学させた事件をめぐり、マサチューセッツ州ボストンの連邦地裁は13日、長女の入学選考で不正を依頼したとして、著名俳優フェリシティ・ハフマン被告(56)に郵便詐欺の共謀罪で禁錮14日などの刑を言い渡した。事件に関与した親への判決は今回が初めて。

 ハフマン被告は人気ドラマ「デスパレートな妻たち」への出演などで知られる。事件の首謀者とされる進学カウンセラー側に1万5千ドル(約162万円)を支払い、大学が合否を判断する材料の一つ、全米共通の大学進学適性試験(SAT)の点数を不正にかさ上げするよう頼んだとされ、被告は罪を認めていた。

 判決は禁錮刑のほか、罰金3万ドル、社会奉仕250時間、保護観察1年。AP通信によると、ハフマン被告は判決の言い渡し前、「私が愚かで間違っていた。自分がしたことが本当に恥ずかしい」などと涙ながらに語ったという。

 検察側は、被告が裕福なことか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら