[PR]

 米財務省は13日、2017年に世界中で被害を出したコンピューターウイルスによるサイバー攻撃などに関与したとして、北朝鮮当局が関与するハッカー集団「ラザルス」など計3グループを制裁対象に指定した、と発表した。

 ほかに指定されたのは、ラザルス傘下のハッカー集団「ブルーノロフ」と「アンダリエル」。米国内の資産が凍結され、米国人との取引も禁止される。

 米財務省によれば、ラザルスは17年にランサム(身代金)ウェアと呼ばれるコンピューターウイルス「WannaCry(ワナクライ) 2・0」を使ったサイバー攻撃に関与し、日本を含む少なくとも150カ国で被害が発生した。14年には北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長(当時第1書記)の暗殺を描いたコメディー映画の制作会社、米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)へのサイバー攻撃に関与した。また、ブルーノロフはラザルスとともに16年にバングラデシュ中央銀行へのサイバー攻撃に関与し、約8千万ドルを盗んだという。

 マンデルカー米財務次官は13日の声明で、「我々は北朝鮮に対する米国と国連の制裁を履行し続け、金融ネットワークのサイバーセキュリティーを向上させるために国際社会とともに取り組む」と強調した。(ワシントン=園田耕司)