[PR]

 天女姿のちびまる子ちゃんをまつった「さくらももこ神社」が14日、静岡市清水区のエスパルスドリームプラザにオープンした。

 昨年乳がんで亡くなったちびまる子ちゃんの作者さくらももこさんがアトリエに遊びに来た友達のために作ったおみくじや、扇、ひょうたん、宝船など縁起物のイラストパネルが展示されている。来場者はおみくじをひいたり、パネルの前で写真を撮り合ったり。

 さくらさんは神社好きで知られ、「ちびまる子ちゃん」の5巻の表紙にはまる子と親友のたまちゃんが神社の前でリコーダーの練習をしている様子が描かれている。清水区の白鬚(しらひげ)神社などがモデルという。

 車で3時間かけて訪れた千葉県市原市の主婦斎藤早苗さん(39)は「千葉はまだ停電で困っている人が多いので、復旧をまるちゃんにしっかりお願いしました」と話した。(阿久沢悦子)