「祈りと感謝を」バチカンのミサで福島からのメッセージ

有料記事

バチカン=河原田慎一
[PR]

 ローマ・カトリック教会の総本山バチカンのサンピエトロ大聖堂で14日、東日本大震災の被災地福島県からのメッセージが「共同祈願文」として読み上げられた。ローマ法王代理の枢機卿が開いたミサで、同県からの参加者が「津波と原発事故風評被害で今なお苦しみつつも、桃が再び実を付け復興の希望となっている」と世界に訴えた。

 メッセージを読み上げたのは、この日のミサに日本から参列した「イルミナート合唱団」のメンバーで、同県白河市の佐藤純子さん(67)。「福島の人はそれぞれにいまだに苦しんでいるが、子ども世代が桃の生産を『続けよう』と言ってくれたことなど、希望もある。今を一緒に生きる世界中の友人に、祈りと感謝の気持ちを伝えたかった」と話した。

 ミサではイルミナート合唱団…

この記事は有料記事です。残り187文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント