[PR]

 ロンドンで9日から開かれているパラ競泳の世界選手権で、日本の期待の星が世界を驚かせた。18歳の山口尚秀(瀬戸内温泉スイミング)が、第3日の11日に男子100メートル平泳ぎ(知的障害)で金メダル。しかも1分4秒95は世界新記録で、日本知的障害者水泳連盟の規定で競泳陣では初めて2020年東京パラリンピックの代表に決まった。

 レース前、男子100メートル平泳ぎ(知的障害)の決勝で注目を浴びていたのは、4レーンに入った世界記録(1分5秒28)保持者のスコット・クィン(英)だった。16年リオデジャネイロ・パラリンピックで銀メダルを獲得したスコットランド出身の「地元」のヒーローで、名前が紹介されるとひときわ大きい声援が起きた。

 しかし、号砲が鳴ると隣の5レーンの「山口ショー」と化した。身長187センチの体格を生かし、力強いストロークでスタートから先行。「トビウオみたいに、自分が波みたいに泳ぐのが気持ちいい」という得意種目で、ぐんぐんとスピードを上げてトップで折り返した。終盤に詰め寄られたものの、0秒51差で逃げ切った。金メダルと世界新のダブル快挙に、合掌して「ありがとう、ありがとう」とつぶやいた。

 愛媛・今治市出身の山口は、今回が世界選手権初出場。だが、緊張するどころか、明るいキャラクターで日本チームを和ませているという。レース後のインタビュー中に、クィンがわざわざ祝福にかけ寄る姿から、周囲に好かれる性格が垣間見えた。

 「世界一になるには世界一の努…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも