【ノーカット解説動画】M高史さんがMGCをライブ解説。聞き手はスポーツ取材歴15年の平井隆介記者です
[PR]

 東京五輪のマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」=日本陸連主催、朝日新聞社など共催=が15日、東京・明治神宮外苑を発着するコースで争われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で優勝し、服部勇馬(トヨタ自動車)が2時間11分36秒で2位に入った。2人は来年の東京五輪代表に内定した。

 日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)は2時間11分41秒で3位だった。東京五輪の代表は3枠で、残り1人は今後の指定大会で、大迫の持つ日本記録2時間5分50秒を突破した選手のうち、最もタイムがよかった選手が選ばれる。この記録を突破する選手が出なかった場合は、MGCで3位だった大迫が内定する。

 前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)はスタート直後から飛び出し、一時は後続に2分以上の差をつけたが、37キロ付近で集団に追い抜かれ、2時間16分9秒で14位に終わった。