[PR]

 島根県奥出雲町亀嵩の道の駅「酒蔵奥出雲交流館」で14~16日、「新米収穫祭」が開かれた。町特産の仁多米が炊きたてで食べられるブースが人気で、家族連れなどでにぎわった。

 道の駅や造り酒屋を運営する同町の第三セクター「奥出雲酒造」が主催し、今年で5回目。炊きたての仁多米を並盛り100円で提供するブースでは、たくあんやのりのつくだ煮など計20種類の「ご飯のお供」も別売りで用意されていた。

 15日に松江市八雲町から家族と来た中学3年の是田(これだ)珠希さん(14)は、毎朝卵かけご飯を食べるというご飯好き。仁多米について「いつも食べるものと違って、お米にもしっかり味があった。おいしかった」と話した。(市野塊)