[PR]

 原発ゼロを持論とする小泉純一郎・元首相の講演会が15日、茨城県日立市の同市民会館であった。小泉氏は「日本は自然エネルギーに恵まれている。原発なしでやっていく道を探すべきだ」と訴えた。

 講演会は同市の市民団体(荒川照明代表)が主催。小泉氏は首相時代、原発政策を推進したことが「間違いだった」と発言。東京電力福島第一原発の事故後、「安全、コストが安い、クリーンエネルギー、という原発推進論者の3大大義名分がすべてウソだと分かった」と話した。

 原発の使用済み核燃料を再処理した後に出る高レベル放射性廃棄物などの最終処分場が国内にない問題も指摘。「将来、自然エネルギーで全電源を供給できるような国づくりが可能だ」と強調した。

 環境相に就いた次男の進次郎氏については「私より勉強している。環境というのは今、一番大事。原発をやめて、自然エネルギーで発展できる国にしてほしい。環境大臣でよかったと思っている」と話した。