[PR]

 「悶絶(もんぜつ)」から「美臭」まで様々なにおいを体感できる「におい展」が14日、横浜市西区のマークイズみなとみらいで始まった。香水の原料や虫、くさややドリアンなど約60種類の「におい」を展示。来場者は鼻いっぱいににおいを吸い込み、顔をしかめたり、声をあげたりしながら、強烈な刺激臭やさわやかな香りを楽しんでいた。

 臭いことで有名な臭豆腐やドリアン、くさや。それぞれの個室に分けて、ケースに入れた状態で展示されていた。それでも、外にまで漏れる独特のにおいに子どもたちからは悲鳴が上がった。ドリアンのにおいを嗅いだ横浜市神奈川区の小学5年、亘理心(ここ)さんは「ちょっと甘いけど、くさーい」と笑顔を見せた。

 最も悲鳴が大きかったのは、スウェーデンなどで生産されている缶詰「シュールストレミング」。発酵した塩漬けニシンの缶詰の強烈なにおいに、思わず顔をしかめる人が相次いだ。横浜市南区の会社員、阿崎誠さん(44)は「爪の間に挟まったゴミのような臭さ」と表現した。

 ベテラン調香師が開発した「加…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら