[PR]

 楽しく科学を知ってもらおうと、荷物を結束するPPバンドとストローで竹とんぼのような「PPバンドコプター」を作る催しが15日、防府市寿町の市青少年科学館ソラールであった。

 作り方を教えたのは、元小学校教諭でソラール専門員の津村元文さん(60)。「高く飛ばすにはどうしたらいいか、いろいろ考えることが大切。資源の大切さも知ってほしい」と話した。

 参加者らはPPバンドの羽根のバランスを取るためセロハンテープを貼ったり、飛んだときに見栄えがするようフェルトペンで色づけしたりした。両親や祖母と一緒に訪れた広島市南区の近藤晴輝君(4)は真上に飛んだ様子を見て、「くるくる飛んで行くのが楽しい」と自身も跳び上がって喜んでいた。

 コーナーは16日と21~23日もある。工作時間は30分。参加は無料だが観覧料が必要。高校生以上300円、小中学生200円。問い合わせはソラール(0835・26・5050)へ。(礒部修作)