[PR]

 全国のゆるキャラが集まる「第6回ご当地キャラまつりin須崎」の2日目が9月15日、高知県須崎市の桐間多目的公園であり、全国から参加した約90体が来場者とふれあった。

 まつりは須崎市のマスコットキャラクター「しんじょう君」が全国のイベントで出会ったご当地キャラを招き、ファンにも同市をPRしようと始まった。千葉県船橋市の「ふなっしー」や滋賀県彦根市の「ひこにゃん」、愛媛県の「みきゃん」など人気キャラが集結し、ステージでのパフォーマンスや写真撮影などで会場を盛り上げた。

 大のゆるキャラ好きという四万十市の小学5年生安田未来さん(11)は、「ほとんどのキャラと写真を撮れた。(三重県伊勢市の)いせわんこが見た瞬間から可愛くて、ファンになりました」と話していた。(加藤秀彬)