[PR]

 台風15号が直撃して大きな被害を受けた千葉県内の被災地支援のため15日、徳島県松茂町の海上自衛隊徳島航空基地からブルーシート約6500枚が千葉県柏市の海上自衛隊下総航空基地に空輸された。

 徳島航空基地によると、経済産業省から依頼を受けての作業。香川県善通寺市の陸上自衛隊善通寺駐屯地の車両で同日午後、シートが徳島航空基地に運び込まれ、自衛隊員たちが汗を流しながら輸送機に運び込んだ。輸送機は同日午後3時50分すぎに離陸。シートは下総航空基地から富津市と南房総市に運ばれる予定という。千葉県内の被災地では、雨に備えて損壊した家屋の屋上にシートを張る作業が急がれている。(松尾俊二)