MGC、機器不具合で男子スタート遅延「徹底的に調査」

【解説動画】M高史さんがMGCをライブ解説。聞き手はスポーツ取材歴15年の平井隆介記者です
[PR]

 15日の東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップMGC)」で、スタート直前にスターターピストルに不具合が発生し、予備のピストルに交換したことで、男子スタート時間が予定した午前8時50分より1分54秒遅れた。また、25キロ地点では計測タイムの自動送信が行われない不具合もあった。この大会は来年の東京五輪のテスト大会も兼ねており、五輪同様にスイス・オメガ社製のシステム機器を使用した。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は「まずは不具合の原因。調査を徹底的に行う」。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません