[PR]

 第38回全日本小学生バンドフェスティバルと第32回全日本マーチングコンテストの愛媛県大会(愛媛県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が16日、愛媛県松前町の松前公園体育館であった。小学校2団体、中学校2団体、高校1団体の計5団体が参加し、息の合った演奏や隊列行進を披露。松山市立桑原小、同市立津田中、新居浜市立中萩中、県立今治南高の4団体が10月5日に高知市で開かれる四国支部大会への出場を決めた。

 バンドフェスティバルでは、桑原小が金賞、松山市立生石小が銀賞を受賞した。マーチングコンテストでは、出場した団体すべてが金賞に輝いた。

 桑原小はパートごとに体の向きを変えながら演奏し、メロディーを響かせた。佐々木杏瑚(あこ)部長(6年)は「向きを変えるときの形や音がうまくそろった。もっと全体の動きを合わせて、四国大会で良い成績を出したい」と力を込めた。

 津田中は息の合ったステップで…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース