「ドライブ」や「シェイク・イット・アップ」で知られる米人気ロックバンド「カーズ」のボーカルやギターを務め、多くの楽曲の作詞、作曲も担当したリック・オケイセックさんが15日、ニューヨークの自宅マンションで死去した。75歳だった。ニューヨーク市警が明らかにした。死因はわかっていないが、事件性はないという。

 1976年にベンジャミン・オール氏(2000年に死去)らとカーズを結成。カーズは78年に「錯乱のドライブ/カーズ登場」でメジャーデビューし、グラミー賞の新人賞にノミネートされた。ミュージックビデオの質の高さでも知られ、84年には「ユー・マイト・シンク」で、米の音楽ビデオ専門局MTVの最優秀ビデオ賞を受賞した。

 カーズが88年に解散を発表した後は、米人気バンド「ウィーザー」のプロデューサーなどを務めた。カーズは2018年に「ロックの殿堂」入りを果たした。(ニューヨーク=藤原学思)