[PR]

 囲碁の史上最年少プロ棋士、仲邑菫(なかむらすみれ)初段(10)が16日、大阪市北区の日本棋院関西総本部であった第59期十段戦の予選で、古田直義四段(50)に勝ち、公式戦3連勝となった。

 4月のプロ入り後、七大タイトル戦の対局と男性棋士との公式戦は、ともに初めて。持ち時間も、デビュー戦や本戦に勝ち進んでいる女流棋聖戦は各1時間だったが、今回は各3時間の長丁場の戦いだった。

 仲邑初段は中盤まで劣勢だったが、集中力を切らさず打ち続け、終盤には互角の戦いに。最後は両者秒読みとなる熱戦を制し、235手で白番1目半勝ちした。

 これで公式戦の通算成績は3勝1敗となった。終局後、仲邑初段は「勝ててうれしい」と話した。午前10時から始まり、昼休憩の45分を挟んで、終局したのは午後6時17分。「疲れていないですか」と記者から質問されると、笑顔でうなずいていた。

 また、仲邑初段は最後の方で勝…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら