[PR]

 全日本テコンドー協会が行う強化合宿に大半の選手が不参加を表明した問題で、協会側が17日からの合宿開催を断念したと選手側に伝えたことが分かった。

 協会は20人以上の選手を招集したが、参加を表明したのは2人だけだった。強化体制に対する選手側の不信感が表面化していた。強化指定選手らは今年6月、強化方針に関する意見書を協会に提出したが、協会はその回答も改善策もいまだに示していない。

 協会側は近日中に回答書案を公式ホームページで公表する予定。合宿については日程や対象選手を変更して今月中に開催することを検討しているという。