[PR]

 インドネシアで計画が進む首都移転をめぐり、候補地のカリマンタン(ボルネオ島)で環境破壊への懸念が強まっている。政府は16日、リスクを減らすため、現地での調査を始めたと発表した。一方、地元では開発にともなう発展への期待が高まる。

 8月末に指定された候補地の近くにある、東カリマンタン州バリクパパンのマレーグマ保護センターの職員、リツキ・アメリアさん(22)は不安の声を上げる。「ただでさえ、動物のすみかは狭まっている。首都移転となれば、さらなる悪影響は避けられないだろう」

 同島はかつて熱帯雨林に覆われ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら