[PR]

 JRの高架下をいかして、2020年の東京五輪・パラリンピックまでに新しい空間をつくろうとする取り組みが、進んでいる。山手線などの有楽町駅―新橋駅間には飲食店などの商業空間が、中央線の東小金井駅―武蔵小金井駅間には学生向けの賃貸住宅が、できる計画だ。

 JR東日本とJR中央ラインモールは20年春、中央線の東小金井駅―武蔵小金井駅間に109室の学生向け賃貸住宅をオープンする。JR東日本によると、高架下を店舗として活用しているケースはあるが、住宅は初めてという。

 高架下のJR敷地3870平方メートルに新設されるのは「Chuo Line House KOGANEI(中央ラインハウス小金井)」(東京都小金井市)。居室は10~16平方メートルほどで、デスクやエアコン、トイレなどがある。共用の食堂やホール、多目的スタジオも設ける予定だ。

 事業主体のJR中央ラインモールと外部の法人が連携し、ホールでは入居者と地域の子どもたちが交流するプログラムなども行う予定だ。家賃は月額5万2千~7万円、共益費が1万5千円、平日朝夕の食事を望む場合は1万6千円。入居時と1年ごとの更新時に入館料12万円がかかる。

 両駅は新宿駅まで30分以内と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら