秋田)2つの蔵元、ブレンド酒 千歳盛と金紋秋田

有料会員記事

神野勇人
[PR]

 鹿角市に唯一残る酒蔵である千歳盛酒造と、熟成古酒「山吹」で知られる金紋秋田酒造(大仙市)がタッグを組んだ。二つの蔵の日本酒をブレンドし、独特な味を実現。地方の酒蔵の生き残り策を示しつつ、古酒の魅力発信にもつなげたい考えだ。

 発売するのは、ブレンド酒「KKB(工藤功一ブレンド)」。昨年8月に千歳盛の原酒をブレンドし、即日完売した企画の第2弾となる。今回は新酒「チトセザカリ純米吟醸」に、10年と18年貯蔵した2種の古酒「山吹」をブレンドした。

 千歳盛酒造の取締役で、全国きき酒選手権大会で優勝経験もある工藤功一さん(43)がブレンドを担当した。ブレンドの難しさは「1滴で味が全く変わる」という絶妙な割合。試行錯誤を繰り返し、構想から完成まで1年以上かかった。

 KKBでは古酒の持つ「メー…

この記事は有料会員記事です。残り542文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら