IR関連予算、横浜市議会委で可決 20日に成立見通し

有料会員記事

吉野慶祐、武井宏之
[PR]

 横浜市が誘致を表明したカジノを含む統合型リゾート(IR)をめぐり、市議会政策・総務・財政委員会は17日、市が提出した補正予算案のIR関連部分を賛成多数で可決した。採決の際、公明党が提案した治安対策やギャンブル依存症対策などに関する8項目の付帯意見もつけた。補正予算案は20日の本会議で可決、成立する見通し。

 採決は委員長を除く9人のうち、自民党・無所属の会4人と公明党2人の計6人が賛成し、立憲・国民フォーラム、共産党、無所属の各1人が反対した。

 採決に先立ち、立憲・国民フォーラムが補正予算案からIR関連部分を削除する修正案を提出したが、賛成少数で否決された。

 市は補正予算案に、IR推進…

この記事は有料会員記事です。残り1110文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら