[PR]

 かんきつ栽培が盛んな愛媛を代表する飲み物「ポンジュース」が、今の果汁100%になって50年を迎えた。製造元のえひめ飲料(松山市)が50周年の記念事業を展開する。

 ポンジュースが生まれたのは、同社の前身・愛媛県青果農業協同組合連合会の桐野忠兵衛会長の米国視察がきっかけだった。ジュース工場を見学した桐野氏は1952年、「ポンジュース」を発売。名付け親は当時の久松定武知事で、「日本一のジュースに」との願いから「日本(にっぽん)一」の「ポン」を冠したという。

 69年、同社はポンジュースを果汁100%ジュースに切りかえた。50周年となる今年、同社は消費者や農家への感謝の思いを込め、記念事業を企画した。

 事業の一つは復興支援。「ポン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら