シケレペソースにキトピロ入り卵焼き 知られざる食文化

有料会員記事

文・深江園子、写真・吉村卓也
[PR]

 イタリア・トリノで昨年9月、スローフード協会が2年ごとに開催する世界的な食のイベント「テッラ・マードレ」が開かれた。その会場でアイヌ民族の女性たちが発表したランチプレートが、ジャーナリストや参加者の注目を集めた。

 お皿の中身は豚肉とほろ苦くてスッと爽やかなシケレペ(キハダの実)のソース、キトピロ(ギョウジャニンニク)入りの卵焼き、イナキビやハスカップ入りのごはんなど、「アイヌ女性会議」メノコモシモシのメンバーが昔の味を持ち寄って作った創作料理だ。

 メノコモシモシにとって初の…

この記事は有料会員記事です。残り1179文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら