[PR]

 日本ハムの実松一成ファーム育成コーチ兼捕手(38)が今季限りで現役を引退することを17日、球団を通じて発表した。今年ではヤクルトの館山昌平、広島の永川勝浩に続き、松坂世代がまた1人、現役生活に終止符を打った。

 10日ほど前に家族に告げたという実松は「もう、素直にやりきった感じです。体の回復力というかパフォーマンスも落ちてきて、そのなかで試合に入っていけなくなってきているところがあった。これが自分の限界かな」と穏やかな表情で語った。

 佐賀学園高から強打の捕手として1998年のドラフト1位で日本ハムに入団。2006年からは巨人にトレード移籍し、18年に日本ハムに復帰。21年間の通算成績は516試合で137安打、20本塁打、58打点だった。「21年もやらせてもらって、終わってみると早かったなあ。悔しい方が多いけど、楽しいこともあった。初本塁打のシーン、巨人でのサヨナラのシーン、優勝を決めたときもそう。今年も盗塁を刺したところは鮮明に覚えている」と振り返った。

 松坂大輔や和田毅、藤川球児ら同世代に向けては、「まだがんばっている選手がいるので、しっかりと応援したい。(今年で)どうなるかわからないけど。体が元気でいるなら本当にがんばってもらいたい」とエールを送った。(坂名信行)

こんなニュースも