[PR]

 1959年9月27日。

 伊勢湾台風が通り過ぎた翌日、空は晴れ渡っていた。一方、地上では被災者が「地獄」と表現する事態があちこちで明らかになっていった。

 中学2年生の高橋義則(74)は、通っていた名古屋市南区の市立南光中学校に家族で逃げ込み、難を逃れていた。この日から校舎の裏庭に次々と遺体が運ばれてくる様子を目にすることになった。

60年前に日本列島を襲った「伊勢湾台風」。全国で死者・行方不明者は5千人超。そのうち、愛知、三重、岐阜の東海3県だけで約4700人を占めました。あのとき、何が起きたのか。被災者の証言を元に再現します。五回シリーズの第四回です。

 急きょ敷かれた板の上にそのま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら