[PR]

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会のロゴなどを不正に使い、各国の偽物のシャツなどを販売したとして、神奈川県警は17日、予備校生の王駿之容疑者(21)=東京都国分寺市光町1丁目=を商標法違反(侵害とみなす行為)などの疑いで逮捕し、発表した。王容疑者は「生活費の足しにしたかった」と容疑を認めているという。

 県警秦野署によると、王容疑者は、8月1日ごろから15日ごろまでの間、権限がないのに、ラグビーワールドカップリミテッド社が商標を持つ日本大会に関するロゴなどが入った出場各国のユニホームなど6点を、インターネットで東京都などに住む6人に、計4万5千円で販売するなどした疑いがある。中国から1枚千円程度で輸入し、5千~8千円で販売していたという。

 W杯は日本など20の国と地域が参加して、今月20日~11月2日、12都道府県の12会場で開かれる。(林瞬)