[PR]

 「最近、なんか疲れやすいな」。経団連の中西宏明会長(73)がそう感じたのは4月半ばのことだった。

 5月の大型連休には米国に出張して要人と会談。休み明けに倦怠(けんたい)感に襲われ、音を上げた。「こりゃだめだ」

 21日の講演会に出た後に検査入院。「血液のがん」とも言われるリンパ腫と診断された。治療次第でなおるが、発見から5年後の生存率は7割程度とされる。命に関わる重大な病気だ。治療に数カ月かかることは覚悟した。30日にあった年に1度の経団連総会に、出られなくなった。

 さまざまな要職に思いを巡らせた。経団連の会長だけではない。経済財政諮問会議の議員を務め、日立製作所でも現職の会長だ。

 「続けられないのではないか」

 辞任も頭をよぎり、周囲の様子…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら