[PR]

 大阪府は17日、万博記念公園(大阪府吹田市)内に大規模アリーナを設置する構想を発表した。国際的なスポーツ大会やコンサートを開くことができる観客席1万5千席以上の施設整備を視野に、2025年大阪・関西万博までの開業をめざす。

 予定地は、大阪モノレール万博記念公園駅の南側にある府所有の土地16・9ヘクタール。現在は駐車場やホテルなどがある。アリーナ建設と周辺開発を一体で担う民間事業者を秋から募集、来春に決める。運営も事業者に担ってもらう「民設民営」方式で、府によると、アリーナでの導入は全国的に珍しいという。

 条件が合わずに事業者が決まら…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら