[PR]

ラグビー トリビア

 ラグビー高校日本代表で故・平尾誠二さんと一緒にプレーし、早稲田大学ではいぶし銀のフランカーとして活躍した恵藤公浩記者(57)。早大の司令塔、スタンドオフ(SO)として巧みなパスと左足のキックを操り、1986年度の全国大学選手権決勝にも出場した森田博志記者(55)。かつて臙脂(えんじ)と黒のジャージーを着て世間を沸かせた2人の記者が、ラグビーのルールや魅力を緩く、深く読み解きます。

 ラグビーといえばスクラム。フォワード(FW)の8選手が押しくらまんじゅうのように互いに押し合うプレーだ。その組み方には決まりがある。激しくパワーがぶつかり合うことによる「職業病」もある。

 第1列(フロントロー)の3選手は相対する選手の頭の左側に自分の頭を入れる。このため、左プロップ(1番)は右肩だけで押し、右プロップ(3番)は両肩で支える。同じポジションに見えて、力の入れ方など技術はかなり異なる。

 ルール上は「真っすぐ、かつ、地面と平行になら押してよい」となっているが、互いに左にずれて組むから、そもそも真っすぐ押すのが難しい。だから相撲の立ち合いのような駆け引きが生じる。

 第2列(ロック)の2人は、プロップの股の間から腕を突っ込み、ジャージーの腹の部分をつかんで押しを強固にする。

 スクラムでわかりにくいのが、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも